緊急輸送を要する荷物が多いと売り上げが伸びていきます。

現在は配達する荷物の増大に対応しきれないため、軽貨物運送業務提携によって個人事業主となり、自分の所有する車両により配送を委託される場合が増えています。緊急輸送を要する荷物が中心となり、長距離輸送はあまりないのが特徴です。
配送する荷物は運送会社からの依頼となりますが、あくまでも個人事業主なので受け取る荷物の量を調整したり、自分のペースで好きなように回れるという利点があります。
これから更に荷物の増大が見込める中、小口運送の中心となるのは間違いないでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。